ステッキ持たなきゃ紳士にゃなれない

アクセスカウンタ

zoom RSS XF1を修理、復調

<<   作成日時 : 2014/09/22 16:47   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 4 / コメント 2

さてとその後引き合い、もといアクセスの多いXF1の不調の続編を書きましょう。
いや、もちろんアクセスが多いってほどではないんですが、他の最近の記事の中では多いほうかな、と。
「XF1 レンズ制御エラー」なんてキーワードで、少ないながらも連日アクセスがあるんで、けっこうな数の人が悩まされてるってことだと思います。

で、その後、状態は日々悪化していきまして、暗く写るどころか真っ白に写ったりすごく明るく写ったり、とんでもない色(画面全部じゃないんですが、一部「ネガか!?」と思うような色)で写ったり、そんな感じになっていきました。
ただ、EXRのオートじゃなく普通のオート(カメラのマークのやつ)だとそこそこまともには撮れるみたいでした。
といった状況で、幸か不幸かレンズ制御エラーまでには至らず、でもこうなってはもはや使い物にはならないんで、修理に出すことにしました。
結果、現在は復活!
良かった!

それで、それらの症状を引き起こしているのは、絞りの不調とのことでした。
あとはその他にも細かな不調点も伝えて回答を貰いましたが、まあ特定されちゃうんでこのへんにしときます。
修理の対応は良かったですね。
最初は電話窓口にかけて簡単に内容を伝えたところ、宮城の修理センターに着払いで送ってくれとのこと。
着いたら電話が来て、絞りの不調だということとか諸々説明がありました。
それから修理に1週間ほどかかるとのことでしたが、2〜3日後には発送したとの電話があり、つつがなく終了。
保証期間内なんで費用はもちろんかからず、6か月以内に同じ故障が起きたらまた無料修理してくれるとのことでした。
6か月後には当初の1年保証は切れてるんで、この故障については実質保証期間が延長された形。
なので、次回故障するとしたらさすがに当初の保証期間過ぎだろうから、そーっと使わなきゃと思ってましたが、これでまたガンガン使えるってものです。
ま、半年過ぎたらそーっと使いますけど。
ちなみに現物を見たところ、レンズ部分を交換した感じではなく、そのままで修理した様子。
これがレンズ制御エラーだと、レンズ周辺丸々交換されるという情報が見受けられますね。
ただ、電源を入れるためなどの手動操作は修理前より重くなった感じがします。
使い始めはこうだったか覚えていませんが、多分そういう初期の状態に近くなったということじゃないかと思います。

で、一応説明は聞きましたが、それら不調がなぜ起きるのかといったことまでは聞きませんでした。
ちょっと気になりますけどね。
使う側の使い方の問題なのか、それともカメラじたいがやや弱いのか…。
あとは、この機種ではこういった事例は多いのか(多いんじゃないかと思われます)。

さてそんな感じで次にXF1関連の余談で、まず、上記オートのモードですが、使い始めの頃からEXRにしていて、それって普通のオートより写りが良いことが多いというのが理由です。
それだけに、上記記事で書いたように、画素数が勝手に小さくされることがあるのは残念。
でもこれってXQ1では画素数が維持されるようになったらしく、それは喜ばしくかつ羨ましいことです。
それと撮像素子についてですが、富士は自社でやってるとは言え、どうも東芝で生産してるらしいという情報を見ました。
まあ開発を自社でやってるのは間違いないんでしょうけれども、さすがに量産は難しいのでしょうかね。
いずれにしても開発は自社ってことで、他のカメラメーカーのように軒並みソニーの素子を使うよりはオリジナリティーがあると思いますし、実際、富士のファンは画作りの要因として素子についても高評価していることがあるようです。
素子についてはソニーとパナソニックという家電系大手2社、そして今回の東芝はカメラメーカーとしては別枠、あと富士以外で自社でやってるのはキヤノンくらいなんでしょうかね。

んでさらに余談ですが、ほんの数日前から、この界隈(?)ではキヤノンのパワーショットG7 Xってのが話題になってるようです。
1型の素子でそれほど高倍率ではない大口径レンズってことで、ソニーのRX100M3のライバルと目されてるようです。
まだ発売前だってのに、実勢価格ではRX100M3より安いみたいですね。
上記記事で書いたように、少ない2/3を除いた1/1.7型のすぐ上のサイズであろう1型というのは今まで少なかったようで、私はそのあたり不思議だったんですが、ようやく少し活況を呈してきたという感じでしょうか。
まあでも1/1.7クラスからすると、値段が高いにも少し離れ過ぎてる感じがしますけどね。
1/1.7が30000前後なんで、せいぜい50000前後に留めるべきかと。
60000なっちゃうと倍ですからね。
レンズとかいろいろ違うんでしょうが、素子サイズ以外に目立った差はなさそうだし、画質にしても劇的に違うってほどは違わないだろうし…。
まあ1/1.7と1じゃ、大きさはけっこう違うんで、そのあたりにこだわる私みたいな人なら買うかもしれないですけどね。

ちなみにキヤノンのハイエンドコンデジのうち、ローエンドじゃなく上の方はあんまりチェックしてなかったんですが、パワーショットG1 X Mark Uってのは1.5型素子でAPS-Cに迫るサイズってことですが、よくよく見るとAPS-Cに迫るとも言えますがむしろ近いのはフォーサーズ、まあでも1型と35mmフルサイズの間を埋める大きさであるのは確かなので、そこにそれほど高倍率ではないズームレンズで、キヤノンはさすがに単焦点なんていうマニアックなものは出す気はないんでしょうかね。
その点、フルサイズで単焦点のRX1Rにしろ、G7 Xに先立つRX100M3にしろ、ソニーの方がマニアックさではだいぶ先を行ってますね。
って言うか上記記事で書いたように、ソニー以外はけっこうみんな横並びって感じ?
まあそう考えるとやはり素子を作ってるメーカーってのは、いろいろ差別化が図れるってことでしょうか…。
G1 X Mark Uも素子についてはプッシュしてるし、これで単焦点だったらね、って、そこでRX1Rと同じようなもんを出したら意味がないって戦略かもしれません。
それにしてもG1 X Mark U、けっこう安いな。
まだ出たばっかだから分かりませんが、G7 Xと食い合わないんだろうか…。
って言うか、むしろRX100M3高過ぎ?
RX1Rもすごいですよね。
100000くらいで何とかならないんですかね。
倍ですよ倍!
あとはそれにしてもRX1RとかG1 X Mark Uはでかいなあ。
もはやこれはコンデジじゃなく、「レンズ固定式ミラーレス一眼」(まどろっこしっ!)では?
シグマのDPメリルもそうですが、これじゃ個人的には持ち歩く気はしません。
RX100M3が限界、これでもちょっと大きいよなと思います。
私ならある程度高画質かつコンパクト、さらに汎用性という面でG7 X買うかな…。

ってな感じで以上。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ついにリコーGR購入
さて、前記事で書いたようにキヤノンの新機種G7 Xに動揺させられたりしながらも、その前に書いたように、ついにGR購入に至りました。 まあ店頭で触った時と同じく、買って現物が来てもそんなに感動はなかったんですが、まあまあ、ようやくといった感じです。 もういい加減、私ごときが使うカメラとしては打ち止めじゃないかと思います。 むしろ分不相応…。 えーと、値段は60000円台後半。 カメラとしては、高いかなあ…? まあ以前書いたと思いますが、自分的初のデジカメであるイクシ400も500... ...続きを見る
ステッキ持たなきゃ紳士にゃなれない
2014/09/22 18:40
GR試行中
さてと、またカメラのぐだぐだ話。 その後はGRのポテンシャルを引き出すべくいろいろ撮ってますが、いまだにあんまり引き出せず、以前書いたように、平均するとXF1の方がだいぶ良いですね。 解像で言うとさすがのものを出してくれるんですが、いかんせん色合いが地味で、手ぶれのせいかピントも合わないことがあったり…。 うーん、今のとこまだどう言っていいか分かんないし、まだまだ使いこなせてないんですが、現段階の感じなど…。 ...続きを見る
ステッキ持たなきゃ紳士にゃなれない
2014/11/01 18:33
オリンパスXZ-10を発見
幸か不幸か、その後も買いたいカメラは見つかっていませんでした。 具体的には以前からの懸案であるXF1の後継ですね。 順当にいけばXQ2なんでしょうが、画はXF1とほぼ同じ傾向でしょうし、もちろん逆にだからこそその安心を買うというのが王道でしょうけども、できればやっぱちょっと違ったものを買って、写りの違いを見てみたい。 って言うか、XF1にはその優秀な写りで一定の愛を感じてはいるんですが、そこはやはりどこまで行っても優等生機ということで、フジをまた買いたいというほどの思い入れがないので... ...続きを見る
ステッキ持たなきゃ紳士にゃなれない
2015/04/12 12:07
だいぶ値下がりしてて危うく買いそうになるも寸止めしたハイエンドコンデジ2つ
いやはやだいぶ空いてしまいました。 まあでも夏にいくつか書いてあらかた書き終わってるんですが、推敲がまだなんでそのまま放置です。 いつも通りかそれ以上に毒吐いてるし、何か推敲すんのもなかなか気が進まない。 ...続きを見る
ステッキ持たなきゃ紳士にゃなれない
2016/11/26 23:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。TRに乗っていたあきです。久しぶりにブログを覗いてたらXF1を実は私も持っていましてコメントしました。私はデザインにひかれて買ったようなもので、普段はデジイチ6Dをメインに使ってます。ただバイクでデジイチだとちと荷物になるのと精密機械ゆえ心配なのとであまり持ち出しせずバイクのときはXF1持参ででかけてます。確かにこの機種不具合が多いみたいですね。私のはまだ正常なのですが。。。購入半年位なので不具合でるなら今のうちなんですがね。あっTRは今はなくDN-01という変態バイクに今は乗り換えました。それでこの前話は変わるのですがウイスキーの白州の醸造所へいきました。日帰りなので飲めなかったですが(笑) なかなか楽しかったです。そういえばウイスキー山崎が一昨日位に世界でナンバーワンに選ばれてニュースになってましたね。私的には白州の方が味は好きなんですがね。お酒とバイクとカメラのブログ楽しみにまたのぞかせて頂きます。あっ靴も!
あき
2014/11/07 02:54
>あきさん、長らくでしたが、バイクを替えたということはようやくお怪我治ったのですね!
その後どうされていたのか気になっていました。
コメント辿っていったら、2年以上経ったのですね。
私も今年はバイク含め何かと厄が多いので、気をつけたいと思います。
酒の工場にバイクで行くというのは悩ましいものですが、泊まりなら最高ですね。

さて、その頃から比べますとすっかりカメラネタが多くなってしまいましたが、バイク同様ド素人でして、マニアックにコンデジ道を突き進んでおります。
あきさん同様にまずバイク用というのが出発点ですので、やっぱり一眼は厳しいですよね。
コンデジでもレンズが沈胴しないものはミラーレスと同じ大きさになってしまうので避けており、そこまで泥沼にならずに済んでいます。
XF1は私も完全に見た目で買ったのですが、出てくる画のローエンド機との差には感動しました。
ただけっこう不具合が多いので、撮影枚数が分かりませんが半年となるとぼちぼち覚悟が必要かもしれませんね。
私のもそうでしたが、半年から1年、撮影数1000〜1500あたりからが危ないようです。
1年以内にある程度数を撮っておかれると良さそうですね。
ジョンド(管理人)
2014/11/07 23:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
XF1を修理、復調 ステッキ持たなきゃ紳士にゃなれない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる