アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「言葉」のブログ記事

みんなの「言葉」ブログ

タイトル 日 時
「昨日」のことを「先日」と言うバカ
久々の投稿ですね。 毎日チェックしてはおりますよ。 何か月もろくに、朝からがっつり雨降ることがないんで、書けてないだけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/11 22:42
四捨五入っておかしいよな?
これはまあ昔から思ってたんですが、何のことはない、四捨五入じゃなくて五捨六入じゃないの? ってことです。 5はまだ10の半分なんだから、繰り上げちゃいかんだろうに、と。 10を半分に割れば5と6の間が境目になるんだから、繰り上げんのは6からでしょ? と思うわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/05 16:36
「Let It Go」はもういいだろ
「レリゴー」現象っすか? いかにも日本人受けしそうな曲ですよね。 個人的には伊藤由奈氏の「ENDLESS STORY」とか思い出しました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/12 23:36
テイラー・スウィフトは裏声を売りにしてるのか?
えーと、たまには音楽の話題でも覚え書き的に…。 最近はまあ音楽じたいは引き続き聴いてますが、数年前に狂ったように仕入れたものとか聴いてるだけで、新しいのはほとんど仕入れてないですね。 まあそのうちまたがっつり入手しようと思ってます。 少なくとも要チェックリストは作ってあるんで、そのうちに…。 例年、今時期にグラミーの話題なんか出ると特に洋楽の記事はちょっと書きたくなったりするんですが、季節ものなんでタイミング逃すと結局ずるずる先送りになっちゃって、んで他のネタを優先してるうちにフェードア... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/02/09 19:27
「フューチャリング」じゃなくて「フィーチャリング」な
未来じゃねえから(失笑)。 果ては「ing」が取れてもまだ気付かなくて、「これにそれをフューチャーして…」とか言ってるバカもいるな。 「未来する」の? 未来しちゃうんだ? それってどんな感じ? やってみて? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/30 09:45
「ディティール」じゃなくて「ディテール」な
「ポニーテール」のこと「ポニーティール」なんて言わねえだろ? スペル見たことねえんだろうな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/30 09:37
自分の言い間違いに気付かないバカ
何かねえ…、学習能力・修正能力のないバカっていますよね。 今回のバカは、自分の言い間違いを自分で気付かないバカ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/10/26 18:05
シュレッド・ギターとな?
最近、ギター関連の雑誌なんかで「シュレッド」という言葉をよく目にします。 「シュレッドなギターを弾く」とかそういう感じ。 最近急に見るようになった気がするのですが、昔から使われてたんでしょうか…。 とりあえず、いきなり言われても何のことやら、なので、調べてみたらテクニカルな演奏のことを指すようです。 個人的にはそのまま「テクニカル」で良いじゃないかと思うのですが、何なんですかね。 何となーく、いらっとする。 「速弾き」だとちょっと狭い気もするし、まあありなのかもしれませんが、他じゃま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/25 20:42
言葉の変な(?)使い方「終わりの始まり」
最近、雑誌の見出しなんかで「終わりの始まり」という言い回しをよく目にします。 主に震災後の原発関連とか、某北の将軍様の国のこととか、そのあたりの文脈で使われることが多いようです。 この言い回しは私は以前から知ってはいたのでどうということもないのですが、初めて見た時は「はて…?」と首をひねりました。 例えば見出しに使われたとして、本文を読めば「そういうことね」と合点がいくのですが、これ単独で見ると何やら意味不明に思ったものです。 これって何かの文学作品とかからの引用なんですかね。 非常に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/25 20:30
言葉の変な(?)使い方「美容部員」
それって、まるで美容部って部活の部員ってことみたいです。 見聞きするたび違和感。 何か他の言い方ないんだろうか。 それともそう呼ぶべきそれなりの合理的理由があるのだろうか。 会社にも部という組織はよくありますが、そこに所属してる人を部員とはあまり言わないですよね。 華やかな職種なのに、異様に体育会的、いや文化部もあるなと思い直すも、いずれにしろ洗練とはほど遠い、中高生的な印象を受けます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/20 12:15
気分が落ちた時の対処法
相変わらず日々情緒不安定で、毎日やってくだけの気持ちを上げるのがしんどかったりたやすかったり…。 と、こういう書き出しの時はまず例外なく落ちてるわけで…。 でも落ちてたのはちょっと前で、もうほとんどフラットな状態に戻りました。 とは言えほぼ毎日有象無象のストレスはあり、それがある一定レベルを超えて耐えられなくなるとまた落ちる、と。 あ、「有象無象」って何か変換で出てこないなと思ったら「うぞうむぞう」って読むんですね。 今まで「ゆうしょうむしょう」だと思ってた。 恥ず…。 まだまだこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/04/04 21:21
ツイッターがうざい〜iPhone、iPadは自分にとって役に立つのか
最近ツイッターがうざいです。 騒ぎ過ぎ。 いや、ほんと革命的なのかもしれないけど。 私もこのブログ始めたのってブログが騒がれてからしばらく経ってからですが、当時のブログ騒ぎと似たものを感じます。 うーん、このブログはとにかく文字ばっかで無駄に長いってことからも分かりますが、私にとっちゃツイッターってのは、字数少な過ぎて全くもって必要なさそうです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

2010/02/06 23:32
ぬめ革の手入れのトラウマを忘れてた
「ぬめ革(?)の靴をあっさり買っちまった」で書いたクルーズのブーツですが、今になって、手入れのことをほとんど何も考えてなかったことに気付きました。 昔けっこう大変な思いをして、それでトラウマになってたはずなのに…。 何も考えず、無色のシュークリーム塗っときゃいいだろと思ってた。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 2

2010/02/06 20:16
言葉の変な(?)使い方「ポイント」(「%」と併用)
%の増減で「ポイント」という単位をよく見ますが、これがどうも気持ち悪い。 「50%から51%へと1ポイント増加」といった使い方ですが、これって「1%増加」でいいんじゃないかと思ってしまいます。 記憶が定かではないのですが、この「ポイント」っていう表現、昔は見なかったような…。 感覚としてはこの10年くらいじゃないかと思うのですが、実際昔はどうだったんだろうか…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/20 17:07
「日米」とか「日中」という表記は「米日」「中日」でもいいのでは?
「日米」「日中」等、2つの国を併記する際によく見る略称について以前から疑問だったのですが、これって自国を先にするというのは世界中同様なのでしょうか。 子供の頃は特に疑問には思いませんでしたが、ニュースなどで海外の映像等を見て、例えば中国では「中日」と表記しているのに気付いてから疑問に思い始めました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2008/06/22 18:06
言葉の素朴な疑問「お開き」
宴会等で使う「お開き」にも違和感ありありです。 「開会」「閉会」が普通の感覚なので、「お開き」って言うと、これから始めるんじゃないかと思ってしまう。 かろうじてこじつけるとすれば、「散会」もとい、「散開」あたりかなという感じで、集まっていた人たちがちりぢりになっていくイメージでしょうか。 それにしても無理があるよなと思います。 なんたって、「開会」、まるっきり逆の意味だもんな…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/06/03 21:51
言葉の素朴な疑問「申し受けます」
「申し受ける」という言葉に接するのは、私の場合ほとんど駐車場のみ。 「無断駐車を発見した場合、金50000円申し受けます」とかいうやつです。 これは初めて見た時、かなり変な感じがしました。 50000円くれるんじゃないかと思った。 まあ常識的に考えて逆だろうというのは分かってはいるのですが、それであれば「申し付けます」じゃないの? と。 実際「申し付け」は「言い付け」の丁寧版のような意味で命令するといった感じのようですし。 いまだに違和感ありありで気持ち悪いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/06/03 21:44
言葉の変な(?)使い方「右斜め上」等
「右斜め上」も細か過ぎ。 「右上」で分かります。 これは当然他の組み合わせも同様ですね。 「右斜め下」「左斜め上」「左斜め下」、みんな「斜め」なくてOK。 その他、左右と上下だけでなく、他の組み合わせもありそうな気がします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/03 21:31
言葉の変な(?)使い方「足して2で割る」
たまには小ネタの連発でもしようかと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/03 21:27
汚れた大人になりたくない!(失笑)
最近の若者は口にしないんじゃないかというタイトルで始めてしまいました。 今回は社会人とか何とか、そのあたりの話。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/05/03 18:34
キャス・キッドソン?
今回はキャス・キッドソ…、いや、キャス・キッドス…。 今回は服関連のようなタイトルですが、実際は「言葉」カテゴリー的なことが主な目的。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/26 23:45
言葉の素朴な疑問への疑問「すいません」
「すいません」と言うと、「たばこじゃあるまいし、「すいません」じゃなくて「すみません」だろ」と言われることがあります。 まあ確かにその通りなのですが…。 漢字で書くと「済みません」が「吸いません」になるだろってことでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/01 17:11
言葉の変な(?)使い方「チーム・ティーチング」(新旧発音混在?)
外国語を表記する際、時代によって表記の仕方も変わってきます。 というのは私の仮定ですが、まあそうだとしないと話が進まないのでそういうことにしておきます。 一方、時代が変わっても変わらない表記もあります。 今回はそんな話。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/02/24 21:05
言葉の変な(?)使い方―外国語じゃないのにカタカナ表記
外国語じゃないのに(って言うか、「日本語なのに」って言えばいいのか…。まあ意味は同じでしょうか)カタカナ表記、まあ全部が全部いけないものだとは思いませんし、むしろそういった表現はかなり多いと思います。 特に流行り言葉の類いはカタカナで表記しないと雰囲気が出ない上、下手をすると意味すら通じなくなりかねないので。 まあこの場合はカタカナ表記することによって「これは流行り言葉ですよ」という表明をして、それによってしっかり意味が伝わるということでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2007/02/24 19:02
外国語をカナ表記する際、単語の間に「・」を入れるか入れないか
今回の記事はタイトル通りの主旨で、このあたり、個人的にはどうでもいいとまでは言いませんが、基準は結構あいまいです。 でもこだわってる人は結構こだわってるようなので、このブログでの表記について書いておこうと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/02/24 17:39
言葉の変な(?)使い方「丸かぶり」
久々の更新なので、まずは小ネタ。 もう節分を過ぎてしまいましたが、タイトルから何となく分かる通り、恵方巻きネタです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/18 19:06
ブログを開設して半年…
このブログを開設してそろそろ半年になります。 そしてちょうどアクセス数も10000を超えました。 トップページにしろ各記事やカテゴリー、月別などにしろ、カウンターは各ページごとのアクセス数なので、トータルは管理者ページでしか見れないのですが、年明け早々、大台に乗りました。 見てくださった方、ありがとうございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/06 22:00
言葉の変な(?)使い方―英語を日本語表記する際の「ー」の省略
英語には「er」や「ar」「ty」というつづりがたくさんありますね。 特に「er」は、元々そのつづりの単語もあるし、動詞の後ろに付いて「○○する人・物」といった意味になりますから、それこそものすごい数があるわけです。 あと「ty」の同類の「ly」なんかも、「〜ful」で終わる形容詞の後ろに付いて副詞化したりと、よく使われます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/29 23:53
言葉の変な(?)使い方「アジア大会」「W杯」
アジア大会がちょっと前にありましたが、この名前も以前書いた「言葉の変な(?)使い方「夏フェス」」同様の傲慢さを感じます。 「アジア大会って、何の大会だよ!?」と思ってしまう。 例えば「アジア パズル大会」とか「アジア ラーメン大会」みたいなものがあったら、「アジア大会」なんて迷惑極まりない。 「何様? わしらだって大会じゃ!」と言われますよ。 これまた例えば「アジア 紙飛行機コンテスト」とか「アジア 暗算コンテスト」みたいなものがあって、どちらも「アジア・コンテスト」と名乗り始めたら、え... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/29 23:13
言葉の素朴な疑問「敬称」〜著名人や作品の批評から、このブログへの文句まで
メディアなどで扱われる人名に付く敬称に関しては、幼少の頃から気になってました。 歴史の教科書なんかに出てくる人物名はみな敬称なしですが、歴史上の偉人たちが、なぜ呼び捨てなんだろう、と。 まあ良くないことで歴史に残ってる人も多いですが、多くの人は、まさに偉人と呼ぶべき人たちなのでしょうし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/29 22:33
iMacの「i」って何?
今さらながらですが、アップルコンピュータのiMacやiPod、そしてソフトのiTunesなど、頭に「i」が付いたものがたくさんありますが、これって何なんでしょう? 一応、「internet」の「i」とみなしてむりやり納得していますが、どうも調べてみても分からない。 アップルはかなりこの名付け方をしていますが、ほかにもデジタルオーディオプレーヤーのメーカーで「iRiver」なんてのもありますし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/06 20:10
言葉の変な(?)使い方「ケータイ」(そして懐かしの「ギョーカイ」)
「ケータイ」はもはや最近どうでもよくなってきましたが、「夏フェス」同様の傲慢さを感じます。 携帯するものは他にもあるのに、「「ケータイ」と言えば電話が当たり前、それ以外に何がある!?」的な雰囲気がぷんぷん。 長い呼び名を短縮するのは賛成ですが、「ケータイ」とはあまりにも芸がない。 他に何か気の利いた呼び名はないんですかね。 かく言う私も浮かびませんが…。 これじゃ携帯灰皿がかわいそう、って、日常会話での登場頻度が桁違いなので仕方ないでしょうか。 でも懐中電灯も懐中時計もそのままなのに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/06 19:45
言葉の変な(?)使い方「夏フェス」
これは「ロックフェス」ですよね、明らかに。 ロックフェスを「夏フェス」と呼んでしまうと、まるで夏の祭りはすべてロックかのように受け取れ、すると当然傲慢さを感じるわけです。 ロック愛好者として非常に苦々しい思いです。 「そんな小さいこと気にすんなよ!」と言われそうですが、それがロックフェス側からの発言だったとしたら、全く説得力がありません。 いじめっ子の、「いじめたつもりはない。遊んでいただけ」と同じ。 盆踊り愛好者は「夏フェスったら盆踊りだろうよ! 新参者が偉そうな口叩きやがって!」な... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/06 19:31
言葉の変な(?)使い方「英国」
英国という呼び方をこのブログでも使っていますが、どうもしっくりきません。 英国にちょっと関心がある人なら、「イギリス」という呼び方が好ましくないのはご存知でしょう。 でも「英国」も「英吉利」という当て字に由来しているのは容易に想像できます。 つまり、「英国」も「イギリス」も「イングリッシュ」などイングランド絡みが語源ということになりますね。 私としては「英国」も「イギリス」同様、抵抗を感じますが、なぜか世間では「英国」でOKのようです。 英国の役所関係も日本語では「英国」と呼んでいるよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/29 18:22
言葉の変な(?)使い方「認知症」「パニック障害」
ちょっと前に「痴呆症」の名称が「認知症」になったようです。 これはやはり違和感がありますね。 「認知障害」とかなら分かりますが、「認知症」だと「認知『してしまう』病気」みたいなニュアンスがあり、まるで「認知してしまったら困る」かのように受け取れます。 でも最近は「障害者」という言い方も避けられつつあるようなので、「障害」という表現を使いたくなかったのかもしれません。 であれば、「認知」という単語を使うことに無理がある、ということになります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/07/22 18:43
言葉の変な(?)使い方「血液さらさら」
「さらさら」って、髪とか砂とか、乾燥したものに使うイメージがあります。 だから個人的には「血液」「お茶漬け」など、液体に使うのは違和感があります。 でも辞書で調べてみたら、液体に使うのも間違いではないようです。 しかし、いくつかの用例が列挙され、その中に「粘り気、湿り気がない様子」みたいなのもあります。 液体に使う表現でありながら、湿り気がない様子という意味もある。 矛盾…。 私のイメージは後者ってことになりますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/20 23:21
言葉の変な(?)使い方「山手線 内回り・外回り」ついでに「右回り・左回り」
いや、特に変な表現ではないのですが…。 ちょっとカチンときます。 山手線の電車の流れやホームの番線を見れば推測はできますが、とっさに「内回り」「外回り」って言われてもどっちなのか分かりません。 厳しい言い方をすれば、これって社内用語か詳しい人にしか通用しないような言い方です。 駅のホームに立っていれば何とか分かるだろうけど、その場にいなくて、しかも山手線の乗り場が頭に浮かばない人には分かりません。 乗ってるほうの立場としては、自分の山手線が内側なのか外側なのかなんてどうでもよく、自分の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/07/20 23:00
言葉の変な(?)使い方「過半数を超える」
「過半数を超える」は二重表現ですね。 単に「過半数」と言うか「半数を超える」でいいはず。 なのに「過半数を超える」という表現は、新聞などでも結構見ます。 なんで認められているのかちょっと疑問…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/20 22:42
言葉の非合理な構造
日本語に限らないと思いますが、言葉というのはかなり非合理的なつくりをしています。 まさに矛盾だらけ。 自国語ですらそうなのに「国外脱出・日本人と外国人のカップル・外国人コンプレックス」の項でも書きましたが、もはや外国語のスラングなんて、正直どうでもいい、とまでは言いませんが、まああまり熱心に勉強する気は起きません。 昔、学校で英語を勉強し始めの頃、発音と一致しないつづり方(結構規則的ではありますが)や、不規則動詞の過去形・過去分詞など、かなり腹立たしく思った記憶があります。 「こんな道理... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/07/20 22:35
外国語を学んだことによって学んだこと
高校時代は外国語オタクでした。 部活もやらずに外国語を独学する日々。 暗いですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/07/11 23:03
小林克也氏の英語の発音のおかげ?
個人的には、DJ・小林克也氏と言えば、「ベストヒットUSA」です。 ちょっと前に入院したようで、その機会に知ったのですが、なんともう60代半ばなんですね。 ビートルズの面々と同世代ってことになります。 結構若く見えるのは私だけでしょうか。 50代半ばくらいかと思ってました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/11 20:38

トップへ | みんなの「言葉」ブログ

ステッキ持たなきゃ紳士にゃなれない 言葉のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる