ステッキ持たなきゃ紳士にゃなれない

アクセスカウンタ

zoom RSS スマホはスナップカメラとしてかなり使えるということが分かりました

<<   作成日時 : 2016/07/03 17:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

暑い!
7月に入ったせいか、いきなり真夏の日和、しかも今日はにわか雨の可能性があるってんで、バイクでの遠出はやめて、まあこう急に暑くなると、そもそも出かける気になれないってのも大きい。
なので、手短かにブログでも書いとくかな、と。
毎度言うように書くことはけっこうあるんですけどね、出かける気が全く出ないほどに朝からがっつり雨とかでないと、なかなか取りかかる気になれず、結局ぐだぐだで1日が終わってしまいます。
ここ数年、梅雨はあんまり降らずに明けちゃう気がしてるんですけど。

さて、前回書いたスマホカメラの件、その後も撮り比べやら何やらして、一段落といったところ。
旅行とか行く機会もあったし、スマホどうし、また普通のカメラとも含めて、けっこう比較ができました。
今回はそのあたりのことを。

まずは画質のことからいきましょうか。
前回、シャープのスマホはノイズ消し過ぎてどうなのよとかいう話でしたが、まあ印象は同じです。
シャープ機のポテンシャルはやっぱりすごいのですが、前機種の方は安定感が半端ない。
限界性能はほどほどなのですが、ピントを外すとかの失敗が非常に少ない。
シャープ機はレンズ性能がえらい良いせいか、パッと見では問題なくても、等倍で見ると微妙にピンボケしてるのがちょいちょいあるみたいで、しかもそれらって、撮った時は一応ちゃんとピント合ったような感じで撮影を終えてるんです。
前機種だとそういうことってほとんどなくて、ピンが合わなければそれなりの表示をしてくれるんで、何回か撮ったりといった対応ができるんですけど、ピン合いましたよって言ってるのに合ってなかったんじゃ、危なっかしくって使いたくなくなってくる。
なのでしばらくは前機も持って歩いてiPodタッチのような感じになってたわけですが、さすがに最近ようやく普段は持ち歩かないようになりました。
まあそこまで写真撮る機会もないし、シャープ機でも最低限の記録的なものは撮れるでしょう、と。

画質の件でもう一つ、スマホって基本的に単焦点なせいか、やはり画質が良いというのを実感しています。
少なくとも、光学ズームレンズ積んだエントリーコンデジよりは、画面の隅はもちろん中央部も良いと思います。
スマホのレンズの場合、隅が甘くなるというのがあまりなくて、撮影条件が良ければ全体的に解像感はけっこう良いと感じます。
私の前機種でも、ややハイエンドなコンデジ、XF1やXZ-10のレベル。
ましてや今回のシャープ機になると、まさにGR certifiedって感じでもはやGRに比肩するんじゃないかというレベル。
等倍で見ると、「すんげ!」っていうようなのが撮れることがあります。
こうなるとあれですよね、コンデジはほとんどみんな判で押したようにズームレンズ積んでますけど、下手なズームやるくらいだったらほどほどの値段で画質の良い単焦点機を出してくれないかなと思います。
まあ光学ズームてのがスマホに稀有なのでそれこそがデジカメに期待される機能なんでしょうが、逆にそれを諦めてスマホを凌駕する画質がそこそこの値段で手に入ったら…、という期待があります。
まあそんな道楽カメラはほとんど売れないでしょうし、そういうのをお望みの方々は手頃な値段じゃなく素直にGRクラスのを買ってくださいよということでしょうね。

次に操作性についてですが、以前書いた通り、スマホってたいていは写真撮るまでに3アクションくらい必要で、ロック解除した直後の画面にカメラアプリのアイコンがなければ、さらに段階が必要なわけです。
こりゃかったるくて使ってらんないなというのが感想だったのですが、その後いろいろ調べてたら、ロック画面ってのは省略できるということを知り、しかもカメラアプリをいちいち終了せず起動させたままスリープさせると、次回電源ボタンを押したらカメラが起動した状態で本体が起動するということを知りました。
まあ知ってる人には当たり前のことなのかもしれませんが、これによって、電源ボタン一押しだけで撮影可能状態に入れるということを知り、こりゃスナップカメラとして使えるなと思いました。
普通のコンデジであれば、電源入れるとレンズが繰り出し、しかも撮る時はシャッターボタンの半押しでAF合わせてから撮りますから、こうなるとシャッターアイコン押すと勝手にAF合わせて撮影が終わるスマホの方が手間が少なくなるのですね。
これは大きな新発見で、今まではそういった記録写真的なものはコダックのM200で撮ってたのですが、スマホで良くね? と。
特に旅行なんかだと、スマホだと撮影の他にもちょっとした画像加工もできるし、撮影専用のはネットに繋がってなくてもブルートゥースでメインスマホに送信してSNSにアップとかもできて、何かと便利。
まあ最近はワイヤレス通信可能のコンデジもあるし、それができなくてもeyefiだか何だか手段もあったりしますが、そんなことせんでもスマホはネットや電話以外の通信もお手のもんですからね。
それでシャープ機は普通にメインの(ネットと電話が可能な)スマホとして、前機を撮影用として持参することにしました。
M200は1枚あたりのファイル容量が1MBちょっとと軽いのが利点(先代スマホはそれより少ない画素数なのに4MB前後)ですが、最近はもっぱらスマホの方が出番が多くなってきました。
コンデジの代理をするには若干本体サイズが大きいというのは気になりますが、1回の満充電で450枚以上撮れたりしたし、条件によっては十分以上に可能と思います。
あと、無音のカメラアプリを入れとけば、人が多い場所でもスマホいじってるふりして撮影できるという利点もあるし、天地引っくり返したりすれば両手でなくどちらかの手だけで撮るのもコンデジに比べたら楽だしと、便利な面がけっこうあります。

最強のスナップカメラというのは条件がなかなか難しいのですが、私の場合で言えば、ちょっと危ないですがバイクを運転しながら撮れるというのはなかなか高難度で究極に近い条件ですけど、左手のみで、しかも軍手程度の手袋をしたまま撮れ、風を受けながらなので埃を避けるためレンズが繰り出すのはなるべく避けたい。
となると、スマホは手袋がネックになりますが、その他の条件はだいたい満たしてるように思います。
普通のカメラだと。固定焦点のややトイなカメラを、上下ひっくり返したりして左手で操作、になるのかなと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
最近ようやくカメラの用途が絞れてきました
さて、記録やスナップ用としてスマホがかなり使えるということが分かったこととも関係するんですが、直近でカメラ買って1年以上が過ぎ、季節も一回りしたせいか、最近ようやく撮り比べが落ち着いてきました。 今までは同じ被写体をアホみたいにいくつものカメラで撮ってたんですが、いい加減絞り込めよと思いますし、だいたい各機の特徴が掴めたので、自分の好みの写りとも照らし合わせると、せいぜい一つのシーンで撮るのは2機種くらいで良いでしょう、と。 ま、そうなると中には一軍から脱落するものも出てくるんですけど... ...続きを見る
ステッキ持たなきゃ紳士にゃなれない
2016/07/03 18:29
クールピクスAがだいぶ値下がりしてて、危うく買いそうになるも寸止め
いやはやだいぶ空いてしまいました。 まあでも夏にいくつか書いてあらかた書き終わってるんですが、推敲がまだなんでそのまま放置です。 いつも通りかそれ以上に毒吐いてるし、何か推敲すんのもなかなか気が進まない。 ...続きを見る
ステッキ持たなきゃ紳士にゃなれない
2016/11/05 00:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
スマホはスナップカメラとしてかなり使えるということが分かりました ステッキ持たなきゃ紳士にゃなれない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる