ステッキ持たなきゃ紳士にゃなれない

アクセスカウンタ

zoom RSS ニコンDLも来てましたね

<<   作成日時 : 2016/04/17 19:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いやはや、ニコンの1インチズームコンデジはないっしょーとか書いた直後、ニコンが本気出したラインアップを発表してたみたいですね。
しかも、今の今まで全然気付きませんでしたよ。
うっかりうっかり、CP+でもしっかり展示されたようで、しかもかなり話題になってたようで…。

そのDLシリーズ、サイトにも書いてありますが、Dはデジタル一眼、Lはレンズを意味するそうで、コンパクト機でありながらも一眼画質を目指し、また特にレンズに注力していると捉えました。
実際、各機の機種名もまるで交換レンズのようなスペックチックなお名前。
これって本来だったらクールピクスシリーズの中で「クールピクスDLシリーズ」だったと思うんですけど、そうせずに独立した新シリーズとして立ち上げたあたり、本気度が窺えます。
逆に言うと、クールピクスAとかってクールピクスじゃなくこういうハイエンドシリーズの中だったんじゃないかなと思ったりします。
うん、不遇なり、A。
でも今後、このDLシリーズで大センサーの単焦点機出すのもありじゃないでしょうか。
Aの作例などたまに見ますがすばらしい画質で、高感度などはGRよりノイズが少ないように感じますし、後継機を待ちかねてる人もたくさんいるのではないかと思います。

で、まあレンズバリアが付いてない時点で私の購入検討対象からは外れるんで一安心したので、ここは覚え書き的に簡単に済ませます。
まず特徴的なのは35mm換算で18mm始まりの超広角モデル「DL18-50 f/1.8-2.8」があることですね。
これはちょっと惹かれます。
GRのワイコンの21mmを超えてますから。
キヤノンやパナソニック等、高倍率をやってる所はありますが、この広角は見当たらないんじゃないでしょうか。

では一応、大型の望遠機は置いといて標準的なモデル「DL24-85 f/1.8-2.8」のスペックをざっと書いときます。
レンズは機種名を見れば言わずもがな、35mm換算24〜85mmの光学3.6倍ズーム、F値が1.8〜;2.8。
撮像素子は1型で約2000万画素。
これって全体的な仕様としてはソニーのRX100IVとかキヤノンのG7 Xに当たると思うんですけど、焦点距離は望遠側が両者の間くらいで、重さはそれらの300g前後よりやや重く、300g台半ば。
さすがにソニーとキヤノンを比べると焦点距離は差があるかなあと思いますが、ニコンを挟んでしまうと、もはや大同小異に思えてきます。
RX100とG7 Xだと画質は前者が良いという評価を見ますし、もしかすると後者は望遠のためにレンズにやや無理があって、それが影響しているのかもしれません。
そんなことを考えると、これらの差は画質と画作りに現れてくるのかなと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ニコンDLも来てましたね ステッキ持たなきゃ紳士にゃなれない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる