ステッキ持たなきゃ紳士にゃなれない

アクセスカウンタ

zoom RSS 富士フイルムX70来た!

<<   作成日時 : 2016/01/17 22:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

年も明ける前から暖冬暖冬って、年明けりゃあちゃんと寒くなるから心配すんなって。
年明けまで最高気温が10℃オーバーとか、今時じゃ珍しくもねえだろうよ。
よく成人式あたりに急に冷え込んで、ドカ雪とか降るじゃねえか。
1月も末になるまで10℃超えじゃ暖冬とも呼んでいいがよ、前半から騒いでんじゃねえよ。
…というわけで、思ってた通りしっかり冬になりましたね。
まだ終わったわけじゃないんで分かりませんが、今のとこ特に暖冬ってほどではないと思います。
今日あたりは徐々に天気が悪くなってたんで、結局乗ろうと思ってたバイクにも乗らずじまい。
最近はすっかり、全く写真撮れる感じがないとバイクに乗る理由がなくなってきた感があります。
暖かい時期なら純粋に走りを楽しむこともできますが、今時期だと寒くて曇ってたりすると乗る気が出てきませんね。

さてと、きっ、来ましたね! X70。
来たと言っても、例によって買ってないし、買うつもりもございません。
噂は聞いてましたが知ったのはごく最近、年末あたりだったかな…。
なので、まあ来月のCP+で実機の情報が出るのかな、くらいに考えてたんですが、早くも発表されました。
ど素人ではあるものの、一応はGR使ってる者としては非常にテンションが上がる話題で、某掲示板なんかではGR IIの地味さのせいか「GR危し」みたいな意見が大勢のようですが、個人的にはまあX70はないな、という感じです。
ま、私の求める条件からしたら当然なんですけど…。
あとはこれ言うと元も子もないんですけど、どっち買うか(あるいはすでにGR持ってて、X70も買うかどうか)悩んでる人もいるみたいですが、そもそも両機では出てくる色がだいぶ違うんじゃないかと思われ、他の性能はだいたい互角だとしたら、このあたりが決定打になるんじゃないかと思います。
性能に多少の差があるとしても、色の差に比べたら微差みたいなもんじゃないかと。
実際、ド素人の私のオート撮りですが、GRとXF1じゃ全然違う写りですし。
もちろんいろいろ設定して似たような写りにすることもできるでしょうが、少なくともオートというのはその機種が良しと考える写りだと思うので、それが全然違うのであれば、おそらく指向も違いがあるんじゃないかと。
気合い入ってる人はRAWで撮って自分好みの色に仕上げたりしてるみたいですが、もしその人がほんとはフジみたいな色が好みだけど何かの理由でGRを使ってて、その色が気に入らないんで毎度RAWいじってるのであれば、何と言うか私から見ると非常にかわいそうと言うか不幸と言うか(大きなお世話でしょうが…)、いらぬ手間暇(そういう調整が好きなら話は別ですが)をかけて、GRとしても本来の特性を否定されてかわいそうと言うか、何とも複雑な気分になります。
おそらく色に関してはフジが好みという人が多いと思われ、GRはその、暗いと言うか冷たいと言うか、一般的にはあまり良しとされないことが多い色をあえて好む人以外は、フジの方が一般受けするんじゃないかと思われます。

えーとそれではX70、発表からしばらくの間各情報を見た結果感じたのは、ちょっと中途半端と言うか、何を目指してるのかいまいち分からなかったということですかね。
いやまあフジからしたらはっきりと「スナップシューター」と、GRにガチで挑む方向は示されてるわけですが、であれば、ちょっとこの仕様はおかしくない? ということです。
まあとりあえずは私の関心外だということは分かったので手短かに…。

まずレンズですが、沈胴しないってのはある意味では高速化には有利ですね。
大きく可動する部分がほぼゼロなので、GRの起動時間1秒とかってのも、沈胴しないレンズの前には霞みます。
でもいろいろ言われてる通り、沈胴しないってことはレンズバリアが付けられないわけで、じゃあキャップを取る時間をどうするのか、と。
もしキャップ付けてる状態だったら、個人的にはもはやスナップシューターとは呼べないと感じます。
やるとしたら、キャップ付けないってことですね。
その状態でケースに入れちゃうのがありなのかは分かりませんけど、それが嫌だったら、レンズを覆わないケースで首から下げるとかですかね。
まあいずれにしろ、レンズを覆わないで使うということであれば、GRを凌ぐスピードは可能になってきますね。
私はバイクでの行動が多いので撮ったらすぐしまうし、またレンズむき出しでしまうというのは嫌なのでレンズバリア必須なんですが、首から下げて歩いて撮るようなスタイルであれば、逆にいちいち沈胴しない方が軽快ではあります。
このあたりを目指したというのであれば、合点はいきます。

次に本体のサイズ。
GRより1cm近く厚みがあって、100g近くも重い。
これって機動性はどうなんだろうと思います。
まあ液晶画面が可動式だからってことでしょうけども、固定式よりこの方がありがたいって人なら許容できるのかな?
私は可動式にはそれほど魅力感じないんで、そのせいでこのサイズになっちゃうんであればなしですね。
何度かにわたって書いたように、キヤノンのG9 XはありだけどG7 Xはなし、というのと同じです。
サイトでは「小型・軽量」とか書いてますが、GRどころかニコンのクールピクスAよりも重いし、軽くは思えないんですけどね。
このサイズ感、フジお得意のクラシカルなデザインと相まって、ペンタックスのMX-1みたいな印象を受けました。
まあそこまでの重さではないようですが、少なくともクールピクスAより重いし、何かこういうデザインのカメラって、軽快さよりは重厚感で、スナップっちゅうかじっくり撮るカメラって印象を受けます。
GRも買う前は野暮ったいデザインだと思ってましたが、まあそういう面もあるものの、他の機種を見ていくと割と中間的なポジションかなと思うようになってきました。
あとはデザインとかサイズ感って話だと、MX-1よりさらに似てると思うのが、MX-1の兄弟機と言われてるオリンパスXZ-2ですね。
MX-1ほどクラシカルではなく、でも全体のもっさり感とか、あとは大きさや重さもまさにほぼ同じで、レンズバリアがないあたりも共通。
で、上記の沈胴しないレンズにしても、スピードよりはどっちかと言うと画質重視な印象もあって、シグマDPっぽくも思えて、ますます速写よりはじっくり型に感じられます。

とまあ散々に書いてしまいましたが、魅力を感じる部分もあります。
それは自社開発の撮像素子。
GRはソニーの素子らしいので、その面での独自性はフジが有利ですね。
そう言やフジの素子って、開発は自社でも製造は東芝がやってるとかいう噂を目にしたことがありますが、東芝の素子事業も例のゴタゴタで丸ごとソニーに売却されたようで、フジの素子は結局ソニーが作ることになったんですかね。
極秘ノウハウもあるだろうし、せっかく開発した素子を競争相手のソニーに作ってもらうなんて、ちょっと切ないですね。
どこか、カメラ作ってない素子メーカーがあれば良いのでしょうが、そんな所はあるんでしょうか…。
ま、素子作ってるのにカメラ作ってないメーカーって方が珍しい気がするんで、開発を自社でするんだったら製造もやるか、いっそ技術開発面でも提携しちゃうって方向ですかね。

レンズも相当気合入ってるようで、確かにGR危しかもしれません。
春には21mm相当のワイコンも出るとのことだし、方向性としてはほんとにガチでGRと被ります。
ただしF値は同じ2.8で、これくらいの本体サイズになると、これ以上小さい値は難しいのでしょうかね。
質感もGRより良さげなようですが、まあGRは高級感を売りにするカメラじゃないですからね、むしろ地味で一見高そうには見えないってあたりが良いのですよ。
でもまあ方向性としては被ってますが、うん、上記のように私の求める条件とはけっこう違うので、特に魅かれる部分は今のところあんまりないですね。
うん、レンズバリアは必須だし、不要な可動式液晶であのサイズになっちゃうんだったら、全然GRの方が良い。
あとはあれですね、沈胴しないレンズってことだと、これってパンケーキレンズ付けたミラーレスで良くね? っていう疑問も大きい。
もちろん専用レンズで画質が有利なのは分かりますが、見た目や使い勝手的にあんまり良さそうに思えず、せっかくのレンズ一体型コンデジのメリットを生かしていないように感じてしまいます。
まあでも逆に、ミラーレスでいつもパンケーキしか使わない人でさらに高画質を求めたいというような場合は良いかもしれません。

といったあたりが、X70の情報を見た感想。
しかしフジは何でまたこんな酔狂な機種を出してきたんですかね。
GRだってそんなに人気のある機種じゃないだろうし、クールピクスAの尻すぼみ感とか見てると、単焦点コンパクトなんざ、酔狂以外の何物でもないと思えてきます。
そもそも単焦点コンパクトと言えば、フジには35mm相当のX100Tがあるし、ここのラインアップ充実させるとか、正直正気の沙汰とは思えません。
それとも何か? X100Tユーザーから、もうちょっと広角のやつ出して欲しいとか熱烈な要望があったとか?
こんなことしてると、ますますシグマDPシリーズを連想しますね。
そのうち「変態メーカー」とか言われちゃうかもしれませんよ?
でもDPみたいにほぼ同じ仕様で焦点距離違いを揃えるんじゃなく、ファインダーの省略とか見ると、X100Tの焦点距離違いと同時にお手軽版という位置付けでもあるのですかね。
いずれにしろ、本来こんなの出す暇があったら、XQ2も生産が終わったらしい今、2/3より大きい素子のズーム機を出すのが先決なんじゃないですかね? と考えるのは素人の浅はかさなのか…?
個人的にも、まあGRのクラスが活況を呈するのはうれしいですけど、ここは全然需要ないのは分かってるんで、それより1型以上の素子のズーム機優先でお願いしたいところです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「GR certified」のシャープスマホ購入予定
はい、GRネタをもう一つ。 いやほんと、GRってだんだん愛着湧くカメラですね。 いやXZ-10もXF1も愛は深まってますけど、最たるものって言ったらやっぱりGRです。 以前書いたように、GRは空なんかがちょっと黄色っぽく写ることがあって、これってRGBで言うGが被ってるんじゃないかって話、今GR IIのサイトでは田中希美男氏がGR IIのGRからの改良点を挙げてます(ペンタックスリコーファミリークラブの会報誌からの転載とのこと)が、先代GRはやはりグリーンが被る傾向にあるみたいですね... ...続きを見る
ステッキ持たなきゃ紳士にゃなれない
2016/02/07 01:43
パナソニックのTX1も来ましたね
さてと、今日みたいに昼頃から早々に雨が降ってくれると、心置きなくバイク諦めてぐだぐだできますな。 はい、ソニー、キヤノンと続いて、次なる1インチ素子機はパナでしたね。 まあパナは元々、こないだ書いたスマホチック(? 関心ないのでよく知りませんでしたが、今調べたら、一応SIMフリーのれっきとしたスマホだったようですね)な1インチ機という、もはやソニーのはるか上を行く変態的な機種を出してましたから、その素地は十分あったと思います。 考えてみれば、次に1インチ機を出すメーカーとしては、筆頭... ...続きを見る
ステッキ持たなきゃ紳士にゃなれない
2016/02/20 21:05
【APS-Cセンサーと28ミリレンズを搭載】コンパクトデジカメ「FUJIFILM X70」
大型センサー搭載ながらコンパクト、かっこよくて使いやすい ...続きを見る
ぱふぅ家のサイバー小物
2016/04/09 12:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
富士フイルムX70来た! ステッキ持たなきゃ紳士にゃなれない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる