ステッキ持たなきゃ紳士にゃなれない

アクセスカウンタ

zoom RSS ソニー、アップル、無印良品

<<   作成日時 : 2008/08/16 22:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 1

無印良品ネタを続けます。
服に関しては「ジーンズ遍歴(リーバイス、リー、無印、ユニクロ)」「無印良品礼賛」はじめいくつか書きまして、今回は電気製品、特にAV機器やコンピューター関連。

私が音楽を聴き始めた1980年代後半、ソニーのウォークマンは最先端のオサレ機器だったように記憶してます。
ヘッドフォンステレオというものじたい、珍しくはなかったもののまだそれほどの普及率ではなく(何たって、カセットとほぼ同じ大きさの機械でそのカセットが聴けるってのが信じられなかった)、またソニー以外にもアイワなんかは確かちょっと低価格のものを出していたと思いますが、そんな中ウォークマンを持ってるというのは、やはりちょっとした自慢でした。
ちょうどその頃松下からもパナソニックブランドでオサレなヘッドフォンステレオが出てきたと記憶してますが、一瞬私の気持ちも揺れ動いたもののやはりウォークマンのブランド力は私を魅了し、ほんの数台ですが、私はずっとウォークマンを愛用していました。
しかし社会人になり始めの頃は通勤時間が短いことが多く、いつしかヘッドフォンステレオは使わなくなり、何と10年近くも無縁の生活を送りました。
まあその間も欲しいとは思っていましたが、やはり実際そこまで必要な感じではなく、また音響製品を取り巻く環境も、カセットからMDやDCCとなり、いったいどっちが主流になるんだろうなあ…、って言うかDATは普及しないのかな? とかそんな感じで、何を買ったらいいのか分からない状態でした。

そんな中、現れたのがiPod(やはりMDやDCCとはずいぶんタイムラグがあるような気がします)。
これにはやられました。
強烈に、欲しいと思った。
入る曲数もそうだし(カセット数本持ち歩いてるんるんしてた時代が嘘のようです。まあ外出中に聴く時間考えたらカセット数本で十分なんですが…)、そのシンプルなデザインも、買おうと思わせるに十分でしたね。
元々仕事ではマッキントッシュを使ってたし、アップルのオサレさや使い易さは評価はしていました。
私が仕事でマックを使うようになった時、その操作の分かり易さや親しみ易さには驚きました。
パソコンっぽい無機質な感じがだいぶ薄い。
そもそもパソコンメーカーなのにアップルという社名が、親しみ易くて良い。
ついでに言えば、個人的にはマッキントッシュっていうケルトな名前も良い。
まあそのちょっと後にウィンドウズ95が出て世間は大騒ぎするのですが、私からしたら「何を今さら」な感じでしたし、それ以前のMS-DOSなんか、一度マック使ってしまったらもう使いたくなくなりました。
まあ世間では知名度がほとんど皆無だったと思われるマックですが、あのカラフルなiMacを出した頃から急激に認知が進んだと思われます。

で、5年くらい前まではパソコンは仕事だけで自分では持ってませんでしたが、いろいろ条件が重なって買うことにしました。
まずパソコン本体はプライベートではウィンドウズマシンを買って勉強しようと思ってましたが、これはiPodのせいで却下。
今はウィンドウズにも対応してますが、当時はマックのみだったので。
まあ今となってはこれで良かったと喜んでます。
あとは周辺機器がどうやら使い易くなってきてたらしく、それ理由の1つ。
1990年代はSCSI(スカジー)という接続が主流で、それが何かめんどくさくて嫌いでした。
接続する時いちいち再起動しなきゃいけないし、端子もやたらごついし、ターミネーターがどうとか、ドライバーがどうとか(ドライバーはOSのせいか?)。
でも2000年代に入った頃からファイアーワイアーというのが出てきたらしく、やってみると接続がえらく簡単な上、端子もすごく小さい。
あとはADSLがそこそこの速さでそこそこの値段になり、普及してるらしいということ。
それからカメラを買おうと思い始め、ちょうどデジカメも実用的な画素数で手頃な値段になっていました。

だいたいこんな理由でいろいろ買ったわけですが、この頃から今に至るまで、アップルの普及価格帯の商品の色は、基本的には白を基調にしていて、最近黒もちょっと出して、といった感じでしょうか。
iMacやiBookも出始めの頃こそカラフルでしたが、しばらくすると白いものになったようです。
で、iPodに対して数年前に話題になったのがウォークマン。
当時は(今も?)デジタルのポータブルオーディオというとフラッシュメモリーがほとんどで、確かウォークマンはHDDタイプとフラッシュメモリーと両方出して、そういう面でiPodと競合するということで話題になってたように思います。
雑誌や店頭でそのウォークマンを何度か見たのですが、しばらくiPodを使った目で見ると「ああ、ウォークマンって、いや、ソニーって、こういうデザインだよねえ」と妙に感慨深く、しかもそのウォークマンのデザインに惹かれ、もし自分が今iPodユーザーでなかったら、買ってもいいかもしれないとさえ思いました。
この時のウォークマンは濃色かつ半透明のような素材でできていて、そこにいろいろな表示が光で浮かび上がるような感じだったのですが、iPodと比べるとほとんど正反対のデザインなんですよね。
で、昔の自分だったらそんなウォークマンのデザインに喜々としてたと思うのですが、一方、今はiPodのデザインも良いし、ウォークマンの良さも昔ほどではないにしろ分かるという感じでした。
全く違うけれども良いと思える2つのデザインをこうして比べてみると、ソニーとアップルのデザインの何が良いのかがよく分かります。
ソニーにしろアップルにしろ、スタイリッシュという点では共通するかと思うのですが、ソニーは高級感とか男性的と言うか、女性で言うと夜の女性と言うか…、変な例えですけれども。
一方アップルは高級感と言うよりは親しみ易さ、シンプル、夜よりは昼、また近年のデコ電なんかとは方向が違いますが、ソニーよりは女性的で(正確には中性的と言うべきか)、ある意味かわいい感じもなくはない気がします。

で、両者魅力的ではありますが、個人的にどちらを選ぶかと言うと今はやはりアップルですね。
ソニーの路線は確かに日本のAV機器メーカーの中では一線を画してると思いますし(今は昔ほど差はないように思いますが…)、実際それまでのAV機器のことはよく分かりませんが、たまに古いオーディオ機器なんかを見るにつけ、多分、それまで重厚ではありながらどこか野暮ったいデザインだったものを、若者がこぞって使うような雰囲気を取り入れたのがソニーだったんじゃないかと思ってます。
1980年代のAV機器の色は黒が主流でしたが、それ以前って銀色がほとんどだったんじゃないでしょうかね。
この80年代の黒ってのは、私はファッションのDCブランドブームとかの影響があるんじゃないかと踏んでるんですが、この黒いAV機器はどこのメーカーが始めたんでしょうか。
それとも特定のメーカーでなく自然発生的なものだったのか…。
個人的にはこういうのはソニーあたりが始めそうな気がしてます。
まあその後は黒ばかりの反動として、従来通りの銀色や薄い金色のシャンパンゴールドなんてのがまた盛り返し、実際私も黒ばかりの中に銀や金が出始めると急激に黒が安っぽく見えるようになりましたが、それまで当時の黒いAV機器はなかなかかっこ良く映ったものです。
で、まあソニーは確かにスタイリッシュで、相手がそれまでのライバルメーカーだけであれば十分だったのですが、アップルのようなデザインを見た後で思うのは、まあソニーも他のメーカーの発展版と言うか、確かに抜きん出てはいるものの、方向性はほぼ同じかな、ということです。
何と言うか、重厚さによって出てくる野暮ったさを排除しつつも高級感を出していくってのは、難しいことではあるのでしょうけれども、高級感という路線では他社と同じかな、と。
アップルの普及価格帯商品の場合は高級感というのはあまりなく、それでいてどこかスタイリッシュ、しかし最先端の肩に力の入ったスタイリッシュさではなく、ほどほどの感じがあるように思います。
こういうのは路線がちょっと違うだけに、個人的には見せられて初めて気付くものであって、それまではソニーが最高にかっこ良いと思ってました。
いや、ソニーユーザーの方すいません。
実際今でもかっこいいと思ってます。
私はヘッドフォンはiPodに付いてたのが壊れたのでソニーです。
これはたまたま見た目で選んだ結果ですが…。
あとは携帯電話もソニー・エリクソンです。
でもSDカード使えないし(最近の機種は対応してるみたいですね)、その他いくつか閉口したことはありましたが、これも見た目は結構気に入って選びました。

で、一向に無印が出てきませんが、要はここで言いたいのは、無印とアップルのデザインって、似てるんじゃないかということです。
無印の電気製品やプラスチック系の商品は白を基調にしたものが多く、当然デザインもシンプルで、そのあたりがアップルの普及価格帯商品と似てるんじゃないかと。
今やすっかり定番となったようですが、無印の壁掛けCDプレーヤー(キッチンの換気扇の小型版みたいな形の)なんかも、持ってはいませんが初めて見た時はやられました。
あとは無印がiPodケースなんか作ったらいいんじゃないかと期待してますが、いまだにないことを考えると、作る気はないんでしょうか…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スティーブ・ジョブズ氏死去
スティーブ・ジョブズ氏が亡くなりましたね。 私は特にアップルの熱烈なファンでもなく、ましてやジョブズ氏にはほとんど関心すらないのですが…。 しかしネットや新聞で報じられる氏の死去ニュースを見るにつけ、なぜだか分からないけれどもどうにも涙が込み上げてなりませんでした(さすがに流れるほどにはなりませんでしたが…)。 確かに私はアップルの製品をプライベートでいくつか愛用していますし、仕事でもほとんどの作業をマッキントッシュで行なっており、ここの製品を気に入ってはいます。 そうそう、ちょう... ...続きを見る
ステッキ持たなきゃ紳士にゃなれない
2011/11/19 19:30
やっぱり経年変化を楽しめる物がいい
前回書いたようにiPodとワークブーツという、デジタルとアナログの極致とも言うべき両極端のものを買いに行くと妙な気持ちになるもので、もちろん両者、物としての魅力はそれぞれで、どっちがより好きかというのは人によって分かれるでしょうが、私はやっぱりアナログですね。 もちろん生活には適宜デジタルを取り入れてますし、ネットのない生活はもはや考えられないですが、デジタルって私にとってはあくまで手段であって目的ではなく、それを使って求めたいものはやっぱりアナログなのです。 音楽を聴くのにレコードを... ...続きを見る
ステッキ持たなきゃ紳士にゃなれない
2011/12/03 21:20
ツイッターがうざい〜iPhone、iPadは自分にとって役に立つのか
最近ツイッターがうざいです。 騒ぎ過ぎ。 いや、ほんと革命的なのかもしれないけど。 私もこのブログ始めたのってブログが騒がれてからしばらく経ってからですが、当時のブログ騒ぎと似たものを感じます。 うーん、このブログはとにかく文字ばっかで無駄に長いってことからも分かりますが、私にとっちゃツイッターってのは、字数少な過ぎて全くもって必要なさそうです。 ...続きを見る
ステッキ持たなきゃ紳士にゃなれない
2011/12/03 21:24
携帯端末あれこれ
こないだの「ついにエイプ100を購入」では携帯電話のことなんかも書きましたが、その続き的なことを…。 ...続きを見る
ステッキ持たなきゃ紳士にゃなれない
2012/01/21 22:41
ニコンのクールピクスS01がたまらない件
前回のXF1とLS465の記事、分量からも分かる通り、どちらかと言えばLSの応援的な面が強いのですが、検索されてるのはXF1が多いようですね。 XF1の方がやっぱり人気あるようです。 某価格比較サイト見ても、LSの満足度低っ! 口コミ少なっ! XF1はついこないだ発売されたばかりなのに口コミ数圧倒的だし、満足度も高い。 ...続きを見る
ステッキ持たなきゃ紳士にゃなれない
2012/11/23 19:05
「GR certified」のシャープスマホ購入予定
はい、GRネタをもう一つ。 いやほんと、GRってだんだん愛着湧くカメラですね。 いやXZ-10もXF1も愛は深まってますけど、最たるものって言ったらやっぱりGRです。 以前書いたように、GRは空なんかがちょっと黄色っぽく写ることがあって、これってRGBで言うGが被ってるんじゃないかって話、今GR IIのサイトでは田中希美男氏がGR IIのGRからの改良点を挙げてます(ペンタックスリコーファミリークラブの会報誌からの転載とのこと)が、先代GRはやはりグリーンが被る傾向にあるみたいですね... ...続きを見る
ステッキ持たなきゃ紳士にゃなれない
2016/02/07 01:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
オナ見だけの予定だったけど、ちゃっかり最後までフィニッシュwwww
だって下のお口がツユダクだったんだから挿れるしかないっしょヽ(゜∀゜)ノ
指マ&栗攻め→イラ魔チォ→騎乗→ナカ出シ
の黄金パターンでガッツリ楽しんできますたぁぁあぁヽ(´ー`)ノ

http://c-melon.net/ameban/rfSckWlx
虎とら
2008/09/06 07:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ソニー、アップル、無印良品 ステッキ持たなきゃ紳士にゃなれない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる